MENU

アイフルの審査の特徴とポイントを押さえよう!

アコムやプロミスといった大手消費者金融の1つに数えられるアイフルは、その信頼性やサービス面の充実度から多くの人に支持されています。そんなアイフルを利用するために避けて通ることができないのは、キャッシング審査です。

 

「消費者金融だから誰でも通るんじゃないの?」と考えている方もいるかもしれませんが、そんなことは全くなく申し込んだ方の半数以上が審査に落ちてしまうというのが実情です。そこで、今回はアイフルの審査特徴と無事、突破するためのポイントについてご紹介していきます。

アイフルの審査はやや通過しやすい傾向に

アイフルの審査への申込を検討されている方にまず知っておいて欲しいことが、審査の成約率についてです。アコム・プロミス・アイフルの大手消費者金融3社は顧客の新規成約率を公表しており、それによるとアコムが最も成約率が高く、アイフルはアコムに次ぐ成約率となっています。具体的には2014年10月時点でアコム48.4%、アイフル44.4%、プロミス43.2%です。また、アイフルは大手3社の中でも近年、急速に成約率が伸びている消費者金融ですので、今後も成約率の上昇が期待できます。

審査対策でクリアを目指す!

審査は各社が独自に設定しているスコアリングという方式を用いて行います。審査項目は職業や年収、電話番号の有無、居住形態などさまざまですが、そう簡単に変えられるものばかりではありません。そのため、審査をクリアするためには比較的対策が講じやすい項目に狙いを絞る必要があります。そこで、私がオススメしたいのは勤続年数と他社借入の2項目です。勤続年数は長期であるほど高評価となるのですが、一般的には1年以上の期間があれば十分であるとされています。また、他社借入に関しては金額も重要ですが、件数のほうがより重視される傾向にあり、3件以上他社から借入があるとかなり厳しくなると考えておきましょう。

信用情報にキズを付けない

スコアリングとは別に審査では個人の信用情報を徹底的に調べます。信用情報とは、過去のローンやキャッシングの利用履歴などを指し、信用情報機関に照会することで確認することができます。過去に借入の踏み倒しや滞納、債務整理などの履歴があると「事故情報」として特別に登録されており、審査に通る確率が極端に低くなってしまいます。そのため、信用情報にはキズを付けないように気を付けてキャッシングを利用することが大切です。

 

アイフルの審査の特徴やポイントをご紹介してきました。記事中でも述べたようにアイフルは、成約率が上昇傾向にある狙い目の消費者金融ですので、万全の準備をして臨むようにしましょう。

こだわり条件で簡単検索!