MENU

アイフルの審査時間と審査の流れ

アイフルはアコム・プロミスといった大手消費者金融の1つに数えられる大手消費者金融の一つです。その信頼性やサービス面の充実度から多くの人に支持されています。アイフルを利用するために避けて通ることができないのは、アイフルによる審査です。

 

「消費者金融だから誰でも通るんじゃないの?」と考えている方もいるかもしれませんが、申し込んだ方の半数以上が審査に落ちてしまうというのが実情です。

 

そこで、今回はアイフルの審査特徴と無事、突破するためのポイントについてご紹介していきます。

 

アイフルの審査はやや通過しやすい傾向に

アイフルの審査への申込を検討されている方にまず知っておいて欲しいことが、審査の成約率についてです。アコム・プロミス・アイフルの大手消費者金融3社は顧客の新規成約率を公表しており、それによるとアコムが最も成約率が高く、アイフルはアコムに次ぐ成約率となっています。

 

アイフル

44.4%

アコム

48.4%

プロミス

43.2%

<各社公式サイトAI情報から引用>

 

具体的には2014年10月時点でアコム48.4%、アイフル44.4%、プロミス43.2%です。アイフルは大手3社の中でも近年、急速に成約率が伸びている消費者金融ですので、今後も成約率の上昇が期待できます。

アイフルには1秒診断と呼ばれる仮審査を受ける事ができます

アイフルの公式サイトには1秒診断という仮審査を受ける事ができる診断ツールが準備されています。この1秒診断を受ける時には、名前を記載する必要はなく、年齢、雇用形態、年収、他社借入金額を記入したら、お金を借りる事ができるか、すぐに診断する事ができます。

 

基本的に1秒診断で借入可能と出た場合は、十分に審査を通過する可能性があるという事なので安心してアイフルの本審査の申込をしてみましょう。

アイフル仮審査診断ツールが審査基準のカギ

アイフルが作成した診断ツールに入力が必要な項目は、先ほども紹介したように、4つになります。仮審査で聞く項目という事もあり、この4つの項目をアイフルが重要視しているのは間違いありません。

アイフルの仮審査ツールで入力が必要な4項目
  • 年齢
  • 雇用形態
  • 年収
  • 他社借入金額

アイフル審査は各社が独自に設定しているスコアリングという方式を用いて行います。

 

スコアリングを行う上で職業の有利条件は下記のような形になります。

公務員>正社員>契約社員>派遣社員>アルバイト・パート>無職

審査項目は職業や年収、電話番号の有無、居住形態などさまざまですが、そう簡単に変えられるものばかりではありません。

 

また、アイフルの審査を通過する為には、年収の3分の1を上回る借入がある場合は、消費者金融からお金を借りる事は総量規制という法律の仕組みでお金を借りる事はできません。

総量規制とは

 

貸金業法により、お客様が貸金業者から借りることのできる額の総額に制限が設けられている規制のことです。 具体的には、借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができません。 ※この規制が適用されるのは、貸金業者から個人が借入れを行う場合です。 銀行からの借入れや法人名義での借入れは対象外です。

 

引用:https://jicc.co.jp/faq/faq_06/index.html


他社借入に関しては金額も重要ですが、件数のほうがより重視される傾向にあり、3件以上他社から借入があるとかなり厳しくなると考えておきましょう。

アイフルの借入までにかかる時間は?

お金をすぐに借りる必要がある人は、ネット申し込み後にアイフルへの電話をアイフルの公式サイトで推奨されています。

 

アイフルを利用する方には、緊急でお金が必要になる状態に陥ってしまったという人も珍しくありません。公式サイトでも紹介しているように申込から1時間で借入まで可能というスピード融資を実現してくれます。

 

審査の回答なら、申し込みから最短30分という素早い回答が可能です。

現金をすぐに手にしたいならアイフル契約ルーム

現金をすぐに受け取りたい場合は、アイフルが全国に設置している契約ルームに来店することで審査通過後であれば、カード発行から現金の受取する事ができます。

 

審査通過後であればスムーズにカード受取が可能で発行されたカードはすぐにアイフルATMやコンビ二の提携ATMで利用が可能です。

来店が難しい場合は振込でお金を借りる事ができます!

アイフルには平日14時以降に振込依頼をしておけば、あなたの口座へ、その日のうちに振込で融資を実行してくれます。

 

振込融資を受ける為には、平日という条件がある為、お金を借りたい日が土日や祝日の場合は振込までの時間が大きく異なる為、注意が必要です。

アイフル審査落ちの原因について

アイフルだけに関したことではありませんが、一般的に消費者金融の審査に落ちてしまう理由は、下記の4つです。

  1. 過去に公共料金や携帯などを長期間(約2カ月以上)延滞の記録がある。
  2. 他の金融機関からすでに借り入れが複数ある。
  3. 申込に明らかに嘘の記載をしてしまった。
  4. 希望限度額の金額が年収の3分の一を上回る。

過去に滞納した経験がある

過去に2か月以上支払いの延滞をしている場合、個人信用情報に記載されている場合があります。

 

例えば、クレジットカード・ローンの支払い、奨学金、携帯料金や家賃、光熱費など支払い、普段の生活の中で支払いしているものの全てがそれに該当します。

 

個人信用情報機関に事故情報として登録されてしまうと、その後、5年間はこの事故履歴は個人信用情報から消える事はありません。

 

年収が安定し、充分な勤続年数があったとしても、信用情報に事故履歴があるだけで審査には通りにくい状態になります。

複数の金融機関から借り入れがある

アイフル以外の金融機関から借入総額が多すぎる方、すでに複数の金融機関からお金を借りている人などは審査に落ちしやすい状態です。

 

目安として、3社以上からお金を借りていたら、カードローンで融資を断られてしまうでしょう。

 

借入先を複数作るよりは、1社を長く利用した方が利用者のメリットは向上するので新たに借入先を増やさずに済む道を模索しましょう。

アイフルの申込み時に虚偽情報を入力した

申し込み段階で、他社借入があるのに「0円」で申告しても、信用情報の照会で必ずバレてしまいます。「分かっていて申込情報に虚偽した」と判断された時点で、アイフルの審査に通ることはまずあり得ません。

 

申し込み時の入力ミスや嘘を記載する事とのないよう、正直に申込しましょう。

希望限度額の金額が年収の3分の一を上回る。

先ほど、総量規制の話をしましたが年収が300万円の人は消費者金融で100万円までしかお金を借りる事はできません。

 

もちろん初めてアイフルに申し込んだ時に希望額を3分の1の目一杯の金額設定にして申込してもその金額でお金を借りる事は難しい為、必要最低限の金額で申込するように心がけましょう!

アイフル審査のまとめ

スコアリングとは別に審査では個人の信用情報を徹底的に調べます。

 

信用情報とは、過去のローンやキャッシングの利用履歴などを指し、信用情報機関に照会することで確認することができます。

 

過去に借入の踏み倒しや滞納、債務整理などの履歴があると「事故情報」として特別に登録されており、審査に通る確率が極端に低くなってしまいます。

 

そのため、信用情報にはキズを付けないように気を付けてキャッシングを利用することが大切です。

 

アイフルの審査の特徴やポイントをご紹介してきました。記事中でも述べたようにアイフルは、成約率が上昇傾向にある狙い目の消費者金融ですので、万全の準備をして臨むようにしましょう。

 

アイフルでお金を借りる前に!

こだわり条件で簡単検索!