MENU

銀行と消費者金融のカードローンの違いって?オススメの銀行カードローンをご紹介!

「カードローン」という言葉は今では、さまざまな場面で耳にするようになりましたが、一口にカードローンと言ってもその種類は1つではなく代表的なものとしては銀行カードローンと消費者金融カードローンの2つが挙げられます。

 

なぜこの2つが明確に区別されているのかと言うと、互いを規制している法律が異なるためです。

 

銀行カードローンは銀行法により、消費者金融カードローンは貸金業法により規制がなされています。このように法律が異なることにより、細かく見ていくとさまざまな違いがあるのですが、私たち利用者にとって最も大きな影響を与えているのが、いわゆる「総量規制」の有無です。

 

総量規制は、借入の限度額を収入の3分の1までに制限する規制であり、貸金業法にのみ存在しています。つまり、銀行カードローンは融資限度額内で借入ができる一方、消費者金融カードローンは収入に応じて強制的に借入が制限されてしまうということになります。

 

ただ、無制限にお金を借りる事は自分の生活を破たんさせるきっかけになります、一般的な生活を送る中で年収の3分の1以上の借入は返済が難しくなるそのため、安全にお金を借りたいという方は、消費者金融のカードローンがおすすめということになります。

銀行カードローンの借入に国がストップ!

現在、銀行カードローンの過剰貸し付けが問題化しておりこれまでの銀行カードローンに対する総量規制外という姿勢自体が見直されています。銀行の中には返済能力の確認を審査せず、保証会社に審査を丸投げしていた銀行もあり。こういった実態調査を国が行っている状態です。

こちらの問題が沈静化するまでは銀行カードローンはお金の借りる先としてはあまりおすすめできません。これまで審査時間素早く回答出来ていたカードローンも今後審査時間が長くかかる可能性あるといっても過言ではないでしょう。

本当に銀行カードローンが低金利??

銀行カードローンが人気を博した理由には、消費者金融より低金利でお金を借りる事が出来たといった背景もありますが、実は実質年率で比べると月で借入金額にもよりますが、数百円しか利息にメリットはありませんでした。

 

カードローンは借入金額と返済実績によって金利が決まります。基本的に初めての契約時には5万円~10万円が限度額に設定される事が多いため、最高年率での借入になります。

 

その場合、例えば新生銀行のレイクで契約した場合、実質年率は18%となり、大手消費者金融のプロミスの最高実質年率(17.8%)より低金利ではない事になります。

消費者金融も運営実態は銀行グループなので安心!

また、銀行カードローンが人気だった理由として、「運営元が銀行でなんとなく安心。」といった企業イメージがあったと思います。大手消費者金融は銀行グループに属しており。運営元として信頼できるカードローンが多いことをご存知でしょうか?

 

プロミス 三井住友フィナンシャルグループの完全子会社
アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ
モビット 三井住友銀行グループ

 

総量規制の制限は受けますが銀行カードローンの方がより安全にお金を借りる事ができるのでおすすめです。

 

お金借りるのランキングを見る

こだわり条件で簡単検索!