MENU

明確な金額記載のないモビットの収入証明

消費者金融のキャッシング審査では、一定金額以上の融資を行う場合に収入証明が必要です。収入証明とは源泉徴収票や所得証明書など収入を証明できる書類を提出することで、消費者金融の融資では希望額が50万円以上の方は貸金業法という法律により、収入証明の義務が課されています。また、他社借入との合計金額が100万円を越える場合も同様に収入証明の義務が生じます。

 

これはモビットだけでなく、アコムやプロミス、アイフルといった大手を含む全ての消費者金融に適用される規則のため避けることはできませんし、仮に50万円以上であっても収入証明不要としている消費者金融があれば、法律違反をしていると判断し利用しないことが得策です。ただ、融資希望額50万円以上で収入証明が必須というのはあくまで法律上規定されているルールというだけで、50万円未満であっても消費者金融が独自に収入証明を求めるケースも存在します。そこで、今回はモビットの収入証明についてより詳しくご説明していきます。

 

明確に収入証明の提示が金額によってなしを当サイト管理人が確認してるのはプロミスとアコム

アコム⇒アコムの詳細はこちら

50万円以下は収入証明不要、他に借入のある場合は必要。

プロミス⇒プロミスの詳細はこちら

50万円以下は収入証明不要。

 

銀行キャッシングは収入証明不要で借入できるキャッシングもあります。
◎⇒収入証明不要で借入できるキャッシング

モビットには明確な収入証明の条件記載がない

プロミスやアコムといった大手消費者金融では、一般的に収入証明が必要となる条件を明記しています。例えば、アコムでは収入証明が必要なケースとして以下を定めています。

 

  1. 当社のご利用限度額が50万円を超える場合
  2. 当社のご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計額が100万円を超える場合
  3. 既にご提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

 

しかし、モビットに関してはじつはホームページ上に明確な条件を記載しておらず、「収入証明書類を提出いただく場合があります」としているのみなのです。

 

また、50万円未満で収入証明が求められるケースは、個々人の審査状況に応じて異なるとしながらも以前に他社で返済の滞納などの履歴がある場合などが該当するようです。

 

モビットの収入証明について詳しくご紹介してきましたが、いかがでしょうか。他の消費者金融のように具体的な金額は明記されていません。

こだわり条件で簡単検索!