低金利でお金を借りる

MENU

金利負担を減らしたい!低金利で融資を受ける方法とは?

低金利で返済も楽

銀行や消費者金融などからキャッシングや各種ローンなどを行った経験のある方、現在行っている方の経済的な大きな負担となっているものに重い金利があるのではないでしょうか?年率にして数%~十数%の金利は一見すると、それほど大きくは見えないため借りる段階ではそれほど気にしていなかったという場合でも長期間の借入となると、その利息が重くのしかかってくることになります。そこで、以下では低金利で融資を受けることのできる借入先をいくつかご紹介していきますので、自身に合った借入先を見つけ、少しでもお得にお金を借りるようにして欲しいと思います。

 

金利の低い融資先はここ!

  • 1.低金利のキャッシングならイオン銀行カードローンBIG
  •  

    数多くあるキャッシング会社の中でも低金利に定評のあるのが、イオン銀行が提供しているカードローンBIGです。カードローンの金利は下限金利ばかりが注目されてしまいがちですが、実は上限金利と下限金利のどちらも非常に重要なポイントです。そして、イオン銀行のカードローンBIGは下限金利が3.8%、上限金利が13.8%とどちらも業界最高水準の低金利となっていることから少額から大額の借入まで金利の負担をすることなく利用することができます。さらに各コンビニ・銀行だけでなく、パソコン・スマホからも365日いつでも利用できる利便性の高さも大きな魅力です。

     

  • 2.複数のローンをまとめて金利負担を軽減!
  •  

    現在、既に複数の金融機関から借入を行っており、毎月の返済に頭を悩ませているという方にオススメの金利負担を軽減する方法がおまとめローンです。中でも東京スター銀行のおまとめローンは、ローンの一本化を目的として提供されているローンで、複数の借入を行っている人の強い味方となっています。ローンを一本化することにより、1社当たりの借入額が増加し金利を押し下げる効果が期待できるほか、返済も月に1度でよくなることで、スケジュール管理等もしやすく精神的な負担からも解放されます。

     

  • 3.究極的にお金に困ったときは公的貸付制度を利用!
  •  

    経済的に全く余裕がなく、子どもの教育に掛けるお金や日々生活を送ることもままならないという方は、なかなか金融機関などからの融資を受けるのも困難です。そうした場合に頼りになるのが、行政機関が主体となって貸付を行う公的貸付制度です。公的貸付制度には、目的などに応じて様々な種類があります。例えば、失業等で生活費が不足した場合には総合支援貸付、教育資金が不足した場合には教育支援資金貸付などが挙げられます。これら制度の金利は最も低いもので0%、高くとも1%台と民間の金融機関から融資を受ける場合に比べると非常に低いので、利用できる条件が揃っているという方は、迷わず利用をオススメします。

低金利でお金を借りる方法のまとめ

上記では金利負担を軽減する3つの借入先や方法についてご紹介してきました。借入と言うと、銀行や消費者金融のキャッシング・ローンばかりが思い浮かんでしまいがちですが、借入の状況や生活の水準などに応じて様々な手段が考えられますので、事前にしっかりと計画を立て、自分に合った借入先を選んでいくようにしましょう。

 

お金借りるのランキングを見る

こだわり条件で簡単検索!