MENU

学生でもお金は借りられる?学生OKのキャッシングと利用の注意点

大学の学生の風景

大学生など学生の期間は学業や趣味、友人や知人との付き合いを両立させなければいけないため、本当にお金の掛かる時期ですよね。

 

くわえて、社会人として働いている人に比べると、アルバイト等で得られるお金は少ないので、ちょっとした出費が生活にまで影響してしまうというケースも頻繁にみられます。

 

学生がこうしたお金に困ったとき、両親から援助を受けられれば良いですが、大学(学校)に通わせてもらっていることも考えると、なかなかお金を借りづらいという方も多いかと思います。

 

そんなとき強い味方となってくれるのが、学生でも借入OKのキャッシングです。学生に対してキャッシングを行っている金融機関はそれほど多くはありませんので、以下でご紹介していきます。

 

また、キャッシングを行ううえでの注意点についても併せて述べていきます。

学生でも借りられるキャッシングはココ!

初めてカードローンを利用する方も多いと思うので「初めてのカードローン」には社会的な信頼もある大手の提供しているカードローンを利用してお金を借りる事がおすすめです。

 

TVCMやネット広告でも1度は見たことあるサービスからのキャッシングを心がけましょう。

無利息期間が嬉しいプロミス

私が学生さんに最もオススメしたいキャッシングは、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。プロミスは、忙しい学生には嬉しい審査手続きの簡易化や月々の返済額の小ささなどサービスの充実が大きな特徴です。

 

さらにプロミスをはじめて利用されるという方の中でメールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、借入日から30日間に渡り利息が付かない無利息キャッシングも実施!上手に利用すれば、一切無駄な負担をすることなくお金を借りることができます。

 

プロミスの詳細はこちらの記事「プロミスでお金を借りる方法」で更に詳しく紹介しています。気になる方は参考にご覧ください。

最短30分の審査が魅力のアコム

プロミスと並んで学生さんからの人気が高いキャッシングは、三菱UFJファイナンスグループのアコムです。こちらもプロミスと同様に審査の手続きが簡単となっており、Web上から本人確認書類等の提出ができ、最短30分ほどで審査の合否が分かります。

 

また、アコムは返済に関して柔軟な対応をしているので、毎月一定日の返済、利用者が毎月指定した日の返済、毎月5日、15日、25日、末日の中から選択可能な自動引き落としなどそれぞれに合った返済が可能な点も魅力です。

 

アコムの詳しい情報は別の記事で紹介しています。気になる方は参考「アコムでお金を借りる」をご覧ください。

キャッシングをするときはこんなことに注意!

最近ではネットの普及により、キャッシングがIT化されていて「お金を借りている」という認識がおろそかになってしまう事もあります。

 

キャッシングを利用する上で注意が必要な事をここでは紹介します。

無計画なキャッシングに注意!

学生だけに限ったことではありませんが、キャッシングと言うのは借金ですので、必要性の薄い時など無計画に利用することは避けることが大切です。

 

特に学生の時期は、社会人のように自身で十分なお金を稼ぐことが難しいため、借入額が積み重なってしまうと、自分だけではどうしようもない状況に陥ってしまう可能性も考えられます。ですので、キャッシングの利用は必要最小限に留めることをしっかりと意識しておきましょう。

怪しい業者からは借りない!

冒頭でも述べたように学生に対してキャッシングを行っている金融機関はそれほど多くありません。そのため、プロミスやアコムから融資を断れた人が、多重債務者や無職でも利用可能といったような業者からお金を借りることがあります。

 

しかし、こうした業者は法律を無視したような営業を行っている可能性があり、利用すると思わぬトラブルに結びついてしまうケースも考えられます。なので、お金が必要だからと言ってこうした怪しい業者を利用することは避けましょう。

カードローンを利用できない学生もいる!

カードローンを利用するにはハードルが高い訳ではりませんが、カードローンの審査を受ける必要があります。会社ごとに審査基準は異なりますが下記の条件を満たしていない場合はカードローンに申し込みする事ができません。

  • 20歳~69歳までの方
  • 安定した収入のある方

18歳から19歳の未成年の学生は利用することができません。また、毎月同じ場所でアルバイトなどをしていない方も利用することは出来なので申込前にしっかりと自分が条件を満たしているのかを確認する必要があります。

 

ここでいう、安定した収入というとでれぐらいの金額を指すのか気になるところですが、毎月3万円以上の給料があれば安定した収入といえます。

 

カードローンは年収の3分の1までしかお金を借りれません!

 

カードローンには総量規制という法律があり、お金お借りる個人の年収の3分の1までしかお金を借りる事ができないという、消費者を守るための法律があります。

 

そのため、毎月3万円のアルバイトの収入がある方の場合、年収は36万円となり、最大で12万円までしかお金を借りる事はできません。

 

私の個人的な意見にはなりますが、年収の3分の1をカードローンで借り入れすると返済がとても大変なので、5万円ぐらいまでがカードローンを安全に利用できる上限だ思うので自分にあった借入額を借入するように心がけましょう。

 

貸金業法により、お客様が貸金業者から借りることのできる額の総額に制限が設けられている規制のことです。 具体的には、借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができません。 ※この規制が適用されるのは、貸金業者から個人が借入れを行う場合です。 銀行からの借入れや法人名義での借入れは対象外です。

 

参考:https://jicc.co.jp/faq/faq_06/index.html

学生がお金を借りる方法のまとめ

キャッシングは学生にとって強い味方である反面、一歩間違えると大きな借金などにつながってしまう可能性もはらんでいます。しっかりと正しい知識と利用方法を身に付けたうえで活用すれば、学生生活を有意義にしてくれますので、上手に付き合っていくようにしましょう。

 

キャッシンングだけじゃない、お金を借りる方法についてのまとめ!

 

お金借りるのランキングを見る

こだわり条件で簡単検索!