引越費用のお金を借りる

MENU

急な引越しでお金が足りない!?そんなときはキャッシング

「思ってもいなかった人事で数日間のうちに引越しをしなければならなくなったが経済的に余裕がない」「引越しに伴う費用が思ったよりも掛かってしまいお金が不足してしまった」など、引越しに関する経済的な問題が生じるケースは少なくありません。これは、はじめは引越し業者に依頼する費用だけで良いだろうと甘く考えていたけれど、実際には引越し先で新たな生活に必要なインフラ整備や必需品の購入なども含めると相当な金額になってしまうということが結構多いためです。こうした引越しに伴いお金が不足してしまったという場合、親族や友人から借りるのも良いですが、引越し早々にお金を借りるというのはイメージが悪いと思う方も多いでしょう。

 

また、引越し費用を無理に安く抑えようと考え、極端に料金の安い引越し業者に依頼しようとする方もいらっしゃいますが、場合によっては荷物の物損や紛失という事態になり得る引越しですので、できれば安心して利用できる質の高い業者に依頼したいものです。そんなときにオススメしたいのが、キャッシングです。キャッシングは、原則として使用用途に制限のないフリーローンであるため、引越し費用その他必要な費用に活用することができます。また、ビジネスライクですので、後腐れもなく、親族や友人との関係にヒビを入れてしまう可能性もありません。そこで、以下では引越し費用を借りる際にどんなキャッシングサービスを選べば良いのかをご紹介していきます。

引越し費用を借りるならココに注目!

即日融資に対応しているキャッシング

引越しの決定が突然決まったケースで、引越しまでに時間的な猶予がないという方は、なによりもすぐに借りることのできるキャッシングを選ばなければいけません。こうした際には、即日融資にも対応したキャッシングサービスがオススメです。今では消費者金融だけでなく銀行も即日融資に対応している会社は少なくありませんが、やはりスピードを求めるのであれば消費者金融の方が対応してくれるケースが多いようです。中でも契約までの手続きをWeb上で完結させるアコムやアイフルなどは、審査に掛かる時間も短く必要最小限の手間でキャッシングまでたどり着けるのでイチオシと言えます。

金利の低いキャッシング

引越し費用を借りる際に融資までのスピードと並んで重視しておきたい点は、金利です。キャッシングは借金と同じですので、原則として借入中は利息が生じていきます。経済的に厳しいためにキャッシングを利用するのですから、可能な限り金利の低いキャッシングを選ぶことが大切です。また、一般的に引越しに掛かる費用は数万円~数十万円程度とそれほど高額にはなりませんので、下限金利ではなく上限金利に注目しておくことも押さえておきましょう。具体的に上限金利が15%を切っているキャッシングとしては、みずほ銀行カードローンやイオン銀行カードローンBIG、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックなどが挙げられます。

まとめ

以上、引越し費用を借りる際にキャッシングサービスを選ぶポイントについてご紹介してきました。最後にキャッシングを利用する上での注意点として、借り入れたお金は計画的に返済に当てていくようにして欲しいと思います。引越し費用として一時的に借りたはずが、何年も返済し損ねてしまい利息が大きくなってしまったなんてことになると大変ですからね。

 

お金借りるのランキングを見る

こだわり条件で簡単検索!